投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

誕生65周年記念 ミッフィー展に行ってきました。

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

東京で4月に開催予定だった『誕生65周年記念 ミッフィー展』が約3か月の遅れで開催されました!


突然ですが、私のワイフは根っからのミッフィー好きです。

そして、作者であるディック・ブルーナさんの大ファンであります。

知り合った当初から「ミッフィーが大好き」と豪語していました。

周年ごとに開催されるミッフィー展も、開催の度に2人で行ってきました。

そして迎えた65周年も年始よりとても楽しみしていました。

が、、、

コロナウイルスの影響で東京開催の延期。

初めに聞いた時はとてもショックでした。

遅くなりましたが、こんな私もワイフのおかげで今ではミッフィーが大好きな1人です。

そして待ちに待った東京会場の開催!

会場は銀座松屋。

松屋全体でミッフィー展を盛り上げてくれています。


メディアにもかなり取り上げられていましたが、松屋の外観がミッフィーになっているんです。

早速会場へ向かいます。

会場内は250点以上の作品が並んでいます。

やはり色彩に癒されます。

有名の話ですが、ミッフィーの作品で使用するカラーは6色と決まっているんです。

「赤」「黄色」「緑」「青」「茶色」「グレー」

元々は茶色とグレーはなかったようですが、ミッフィーの友達を描くうえでのちに追加された色だそうです。

今回の展示では、ブルーナさんの創作の秘密に迫る。といったブースもあります。

その中で感動したのは、絵本の文章に対してもとても強いこだわりがあるという事でした。

聞く子が聞きやすい韻やテンポ、メロディーになるように何度も何度も書き直しを行っていたようです。

そんな事がわかるノートが展示されていました。

読み手・聞き手どちらにしても居心地のいい文章になっていたんですね。

そんな文章に併せてあの絵があったら、そりゃ最高の作品になります。

そしてもう1つ感銘したのは、ブルーナさんと日本。というブースで、

ミッフィーの絵本の翻訳家として活躍された松岡 享子さんの言葉でした。

「偉大なグラフィックデザイナーが子供の絵本の為に、身を投じてくれた事は非常にありがたい事」的な事をおっしゃっていました。

すいません、うろ覚えで。

でも確かにそう思いました。

絵本作家として肩書きがまず始めに思いつきますが、ブルーナさんは超一流のグラフィ…

WAVES

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

前回のBLOG『公開が楽しみな映画を3作紹介します。』で紹介した映画『WAVES』を観に行ってきました!


あらすじは前回のBLOGで紹介したので、今日は予告編を貼りつけておきます。



前回のBLOGで勝手な見どころとして、「ある意味ミュージカルのような作品」であると書きました。

冒頭のシーンから目と耳を奪われます。

アニマル・コレクティヴ「FloriDada」から始まります。

目が回るほどの躍動感で物語がスタートします。

それ以外で作中で印象に残った曲を幾つか紹介しておくと、

やはり映画のポスターにもなっているタイラーとアレクシスが海の中にいるシーンで流れる、

フランク・オーシャン「Rushes」

2人がとても幸せと感じているシーンで使用されていて幻想的な映像も最高でした。

映像と音楽がベストマッチです。

そのシーンの中でこれから起こる事を予兆するかのように、発生している雷を取り込んでいる所は、

今観終えてから考えると、さすがの演出だと思っています。

そして、作品で絶対に忘れられない曲になるとしたら絶対にこの曲!

カニエ・ウェスト「I Am a God」

「タイラーと家族の運命を変える決定的な悲劇」の夜に流れるこの曲は、タイラーの衝動、心情がとても伝わる力強い曲でありました。

タイラーが追いやられて悲劇を迎えるまでのこの映画のストーリーは本当に悲しいの一言でした。

そして、物語はエミリーが主人公に変わっていきます。

エミリーのパートになってやはり印象的なのが、

フランク・オーシャン「Seigfried」

エミリーとルークがロードトリップするシーンで流れるこの曲。

エミリーとルークの幸せ絶頂なシーンはどことなくタイラーとアレクシスを思い出させるシーンに感じて、

エミリーとルークには、苦難なく幸せになって欲しいと願いながら見ていました。

これ以外にも、レディオヘッドも良かったしたくさん紹介したいのですが、

これから映画を観る方も多いと思うのでここらへんで止めておきます。

パンフレットに書いてあって私が笑ったのは、監督がこの映画を製作中に1番焦ったのは、

フランク・オーシャンに作中で5曲使用したいと許可を取ろうとした時に、「1曲にしてくれないか?」と言われた時に相当焦ったそうですよ!

その…

公開が楽しみな映画を3作紹介します。

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

連日、東京でのコロナ感染者数が増加しているのでとても不安な日が続きます。

そんな中で、6月の後半に営業自粛の段階的緩和の最終段階として映画館の営業再開が始まりました。

営業再開が決まり、続々と延期となっていた話題作の上映日が決定し、

再公開日が記載された新しいポスターを目にするようになりました!

うれしいばかりです。

営業自粛中は、どの映画ポスターも「近日公開!!」の4文字だらけ。

いつこのトンネルから抜けられるのか、ポスターを見る度にため息していたことを思い出します。

そんな再公開日が決まった作品の中で、とても楽しみな作品を3作ご紹介します!

直近の公開作から今冬まで幅広く紹介しますので、最後までお見逃しなく。

1:WAVES
7月10日(金)公開


▽あらすじ
高校生タイラーは、成績優秀なレスリング部のエリート選手、美しい恋人アレクシスもいる。厳格な父親ロナルドとの間に距離を感じながらも、恵まれた家庭に育ち、何不自由のない生活を送っていた。そんなある日、不運にも肩の負傷が発覚し、医師から選手生命の危機を告げられる。そして追い打ちをかけるかのように、恋人の妊娠が判明。
徐々に狂い始めた人生の歯車に翻弄され、自分を見失っていく。そしてある夜、タイラーと家族の運命を変える決定的な悲劇が起こる。

一年後、心を閉ざして過ごす妹エミリーの前に、すべての事情を知りつつ好意を寄せるルークが現れる。ルークの不器用な優しさに触れ、次第に心を開くエミリー。やがて二人は恋に落ちるが、ルークも同じように心に大きな傷を抱えていた。そして二人はお互いの未来のためにある行動に出る・・・。
※公式HPより抜粋

▽私の勝手な見どころ

「登場人物の感情と一体化する音楽」と紹介文の中に書いてあります。

更には、「監督自身が“ある意味でミュージカルのような作品”」とも書いてあります。

この映画は、事前に本編に使用する楽曲のプレイリストを作成して、

そこから脚本を着想し製作された作品のようで、音楽が主役と言っても過言ではないようです。

主役である音楽に参加するアーティストが超主役級ばかり。

フランク・オーシャン、レディオヘッド、ケンドリック・ラマー、エイミー・ワインハウス、カニエ・ウェスト、チャンス・ザ・ラッパー、etc…