投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

第100回全国高等学校野球選手権大会

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

丁度、1週間前の今日に決勝戦が行われ、大阪桐蔭の春夏連覇で幕を閉じました。



















優勝候補NO.1と言われていた通り圧倒的な強さで第100回記念大会に花を添えました。

野球好きですから、少しだけ甲子園の振り返りBLOGを更新しておきます。

今回もまた色んな名場面が生まれましたね。

・100回を記念した「甲子園レジェンド始球式」



毎度、プロ野球ニュースでお馴染みの平松政次さんが70歳とは思えない球筋で投げ込んでくれました。
カミソリシュートならぬ、カミソリスライダ―になったことも話題でしたね。

私の世代ですと、松井秀喜さん 谷繁元信さん 桑田真澄さん、このメンバーがかなり注目でしたね。

桑田さんの本気度は、かなりのものでした。


・史上初となる2回目の春夏連覇で優勝した、大阪桐蔭
・秋田県に関わらず、全国が応援した金足農業の活躍

100回大会を振り返る際に、絶対に外せないこの2校。

決勝戦は大阪桐蔭のワンサイドゲームになってしまいましたが、歴史に残る決勝戦となりました。

やはり自身も含めてですが、甲子園のファンもエリート高校と雑草魂のような高校との一戦は何か観ていてワクワクしていましたね。

大阪桐蔭はスター軍団と言われるからこそのプレッシャーは凄まじかったと思いますが、

その中での優勝、本当にさすがの一言です。

優勝おめでとうございました!!

金足農業は吉田輝星君を中心とした、1点を大事にする野球はみていてハラハラドキドキしました。

対近江高校戦の2ランスクイズはその集大成ではなかったでしょうか。















・夏の大会初のタイブレーク制度
・今大会のベストバウト!?星稜×済美の逆転サヨナラ満塁ホームラン

佐久長聖×旭川大で夏甲子園で初のタイブレークが行われました。

タイブレークは賛否両論あると思いますが、私は肯定的です。

やはり、体力的に未成熟な高校生には長い大会を乗り切る為にもこういった時間短縮になるルールは必要と感じています。

そんな、お初のルールの中で生まれた史上初の逆転サヨナラ満塁ホームラン。

生まれたのは、星稜×済美の試合ですね。

甲子園レジェンド始球式の記念すべき1人目に松井秀喜さんが決まっている中で、

初戦を引き当てた星稜高校は今大会何か持っているような気がして注目していたのです。

星稜高校にとって…

オーシャンズ8

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

先週はお盆でしたね。

大型の連休でしたから、皆さん旅行に出かけたり、帰省してお墓参りをしたりと沢山のイベントがあったのではないでしょうか。

日頃の疲れをとったり、ご先祖様を迎え入れたりと、皆さんリラックスは出来たでしょうか?

イベント盛りだくさん過ぎて逆に疲れた!なんて方もいますかね。

私達は大きな連休というものは設けませんでしたが、先週にはワイフのお誕生日がありましたので、

それを機会に夫婦で楽しく過ごしました。

その中で久しぶりに映画を観に行きましたので、ここでご紹介しますね。

オーシャンズ8を観に行ってきました。




















ワイフは、オーシャンズ旧3部作と大元の『オーシャンと十一人の仲間』全て観ているようなんです。

因みに、私はオーシャンズシリーズ今回が初めてです。

そんなオーシャンズ初心者がいくつか感想を書いておきますね。

始めに触れないといけないのは、出演者が豪華過ぎる事。

ポスターでもわかるように、

サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、リアーナ、ミンディ・カリング、サラ・ポールソン、オークワフィナ、ヘレナ・ボナム=カーター

メンバーだけでも、旧作に負けない顔ぶれになっています。

特に印象的だったのは、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム=カーターの3人でしょうか。

ケイト・ブランシェットはとにかくカッコいいの一言。

キャラクター設定も、サンドラ・ブロック演じる主人公デビーの右腕で、このチームの裏のリーダー的存在。

すごく頭が切れるのに、日頃はクラブなどに納入する酒を薄めて販売し日銭を稼いでいる。

そんな、チンピラっぽさも逆にカッコよく感じてしまうのと、とにかく劇中の衣装が半端なくカッコいい。




















アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム=カーターこの2人の共演も楽しい。

今回、アン・ハサウェイが演じたのはダフネ・クルーガー。(ハリウッドで今一番の注目女優役)

ヘレナ・ボナム=カーターが演じたのは、彼女しか出来ないような超個性的な有名デザイナー、ローズ。(現在はぶっ飛び過ぎたせいで、キャリアがけっぷち状態)

この2人の掛け合いは、観ていて何度も笑ってしまった。

レ・ミゼラブルやアリス・イン・ワンダーランドで以前から共演しているせいか、息もぴったりあっていました、最高です。

村田修一さんを観に行きました。

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

NPB復帰を目指していた、村田修一さん。

期限である7月末が迫まったときワイフと話していて、もしかしたら村田修一さんの現役最後の試合になるのでは!?

と、ふと思いました。

現在は、独立リーグ栃木ゴールデンブレーブスに所属しています。

私もワイフも元は巨人ファンですから、巨人の選手の動向は気になります。

特に村田修一さんは、決して大好きな選手という訳ではないのですが

年も村田修一さんが1つ上(松坂世代)で近い事と、近年減ってきている右の大砲でもありながら、

右方向に綺麗なヒットを打つことも出来る。

でも基本的には、ホームランか併殺打という諸刃の剣のようなスタイルが結構お気に入りです。

今年から、我がヤクルトスワローズを戦力外になった飯原誉士選手が外野手兼コーチとして所属しているので、

栃木ゴールデンブレーブスの試合は以前から観に行きたいとずっと思っていたのです。

やはり、そこは栃木県なかなか行く機会がありませんでした。

でも、7月最後の週末に埼玉県の上尾で試合が行われることがわかりました。

埼玉に本拠地を置く、武蔵ヒートベアーズの主催試合です。

それなら行けると思い、村田修一さんと飯原選手を観に行ってきました。

場所は、上尾市民球場です。都心から1時間あれば着く場所でした。

前日の台風12号の影響を受け、13時スターㇳの試合が14時からへ変更となりました。

それなのに少し遅れて到着しましたが、(私が道を間違えまして。。)

30分程遅れて球場に到着。














既に1‐0と栃木が先制しています。

そして、村田修一さんが2回裏の守備についていました。














少し太った感じがします。餃子ばかり食べているのでしょうか。

そんなこんなで回ってきました、村田修一さんの打席です。
















この回は、チャンスをものに出来ずゴロアウトでしたかね。

回も進み、村田修一さんと飯原選手良い画が撮れました。

何か2人での話し合いがあったのですかね、コミュニケーションをとっているように見えます。















そして村田修一さんの本日の最終打席です。

栃木ゴールデンブレーブスの応援団からも、「現役最後打席の可能性がある、皆さんで応援しましょう!」との煽りがありました。


出ました得意の右打ちで、綺麗にライト前ヒットになりました、お見事。

結果的には現役最終打…