投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

スペインフェスと新作アイテム発売日決定!

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

週末は雨で更に気温も低く、お出かけの予定が足止めくらってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私達もそんな感じでして、週末に代々木公園で開催していたフェスを楽しみしていたのですが、あいにくの雨。

でも日曜日に雨が明けて滑り込みでスペインフェスに行ってきたので、その模様を少しだけご紹介します。

BLOGの最後には、前回告知を行った新作「KICKS」の発売日が決定しましたのでご報告させていただきます!

是非最後までご覧ください。

日本とスペイン交流400周年にあたる2013年に初開催し、今回で7回目の開催となりました。

私達の参加は今回が初です。

数カ月前、まだ夏真っ盛りの頃にこのフェスをニュースで知り行くのを楽しみにしていました。




会場に着くとカジュアルで美味しい料理屋さんがたくさん立ち並んでいます。

ベタなんですが、パエリアにアヒージョにカヴァなんか大好きです!

どれにするか迷ってしまいます。

そしてたくさんある中で迷ったあげく魚介が満載のアヒージョと「Segura Viudas」(セグラヴューダス)というカヴァをいただきました。



 ほんのり酔いが回りそろそろ閉会の時間ですが、まだまだ会場は大盛り上がり。

その中でも、一角スペイン音楽でみんなが盛り上がっている場所がありました!


ラ・トゥナ」というスペインの音楽隊の方だそうです。

日本で活躍している方々は「ラ・トゥナ・デ・ハポン」と呼ばれあらゆる式典で演奏し場を盛り上げてくれるそうです。

この日の自身達の演奏スケジュールはとっくに終わっているとの事ですが、閉会まで会場を盛り上げてくれていました。

今回は短時間で楽しみましたが、来年は天候に恵まれて一日のんびりと過ごしてみたいと思いました。

また1つ我が家の定番フェスが生まれました。

では、最後に冒頭で告知しました「KICKS」の発売日をお知らせいたします。

11月27日(水)20時よりgoodishオンラインストアにて販売いたします!!



今冬待望の新作アイテムとなっています。

ストリートシーンに欠かせないアイテムとなっています、是非楽しみにお待ちください。

では、goodish blogまたの機会に。
==================================…

冬の新作準備を進めています。

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

今週のBLOGは新作商品の準備を現在進行中ですので、その紹介を少しだけしようと思います。


商品はTシャツで既に販売スタートしている、あのモデルを秋冬向けにスウェットでも展開します!

t-shirt / KICKS

今夏にTシャツは販売し3色どちらも大変ご好評いただいています。

スウェットの本格展開前にBLOGをご覧いただいている方だけに、少しだけご紹介いたします。

商品名:KICKS

ストリートの代名詞であるKICKS(スニーカー)を、エスプリの効いたアイテムにしています。

ロゴデザイン自体はストリート過ぎない表現を心掛け、シャープなロゴに仕上げているので、若い方に限らず、大人の方にもおすすめしたいアイテムです。

カラーリングやデザインの表現にはスニーカーの2大モデルである、「AIR JORDAN」・「CHUCK TAYLOR」にオマージュを捧げデザインしています!

フロントの裾部分には、KICKS patchと同様のシルエットデザインを施しています。

そのままシルエットデザインとしても利用可能ですし、KICKS patchを上に貼り付けて使用いただく事も可能にしています。



商品名:KICKS
SIZE:XS(レディースサイズ)・M・L
PRICE:¥6,600円(参考価格)

KICKSの一番のこだわりはやはりプリントの配色です。

スニーカー好きな方やスポーツ好きの方に気に入っていただけると嬉しいです。

もちろんそれ以外の方も大歓迎ですよ!!

1日でも早く展開出来るように現在も準備進行中です。

ちなみに撮影で使用しているサイズはMサイズです。

商品の説明でも記載しているように、ストリートっぽくさせ過ぎていないのでこのくらいのジャストサイズでの着用もおすすめです。

今年は11月に入ってもまだ20℃超えという暖かい日もあります。

そんな時に活躍するのはセーターよりもスウェットのはずです!

発売日が決定次第、改めてgoodish BLOG・Instagramで告知いたします。

期待してお持ちください。

では、goodish blogまたの機会に。
=======================================
goodish Twitter : https://twitter.…

STAR WARS Identities The Exhibitionに行きました。

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

本日の更新はいよいよ来月に公開を控えた『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開前に徐々にテンションを上げる為にあのイベントに行ってきました。

現在、品川の寺田倉庫で絶賛開催中の『STAR WARS Identities The Exhibition』です。


今年の8月~来年の1月13日まで行われている大展覧会です。

開始直後に当初行く予定でしたが、開始は8月とありお盆休みや夏休みと被るので公開直前に行った方が空いてそうという事でやっと行く事にしました。

今回のこの大展覧会を簡単に、
==============================
世界中で200万人以上を魅了してきた『スター・ウォーズ』の大展覧会が、日本に上陸!!
間近に迫る貴重な展示品の数々に、映画の感動と興奮がよみがえる。
『スター・ウォーズ』史上最大規模の展覧会、ついに開幕!
1978年の映画日本初公開から、41年――。本年12月に公開される最新作で、スカイウォーカー家をめぐる物語『スター・ウォーズ』がついに完結します。
この歴史的なタイミングを前に現在開催されているのが、“スター・ウォーズ アイデンティティーズ”です。
本展には、映画で実際に俳優たちが着用した衣裳や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど、制作過程を辿れる貴重な展示品が約200点ものボリュームで展示されます。
また、これらの展示品は今後、ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵されるため、これだけの規模の展示品を見ることができるのは、日本では最後の機会となります。
また、もうひとつの注目コンテンツは、インタラクティブ・クエストです。会場内に設置されたインタラクティブスペースで、出題される質問に答えながらID付きブレスレットをタッチしていくと、来場者の性格や価値観などのアイデンティティーが反映されたオリジナルキャラクターを作ることができます。
さらに、会場でしか手に入らないオリジナル・グッズが販売されます。本展のためだけに描き起こされたオリジナルアートがふんだんに使用され、ファン必見のラインナップになっています。
本展は、『スター・ウォーズ』の世界に没入できる…

東京国際映画祭

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

毎年恒例の映画祭に今年も行ってきました。

東京国際映画祭



===============
第32回を迎える東京国際映画祭(以下 TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟*公認の国際映画祭です。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供します。
===============
※公式HPより

言わずとも分かるアジア最大の映画祭です。

以前にもBLOGで紹介をしたことがありますが、まだ私たちは、東京国際映画祭(以下 TIFF)歴は浅く第30回から欠かさず行くようになりました。

毎回10月の中旬から公開作品でどれを観に行くかの勝手な選考に夫婦で入り、パンフレットやHPのあらすじを頼りに選定するようにしています。

映画の選定をしているともうすでにTIFFが始まっている気がして、毎回のこの作業からすごく楽しみなんです。

そして、2名で選んだ作品はこちら。

人生、区切りの旅(End of Sentence)』『Blinded by the Light

ロードムービーで少し感動しそうな作品と、青春音楽映画のスカッとしそうな正反対な作品を2本選びました。

少しづつですが、2本の感想をご紹介しようと思います。

■人生、区切りの旅(原題:End of Sentence)


簡単に作品の紹介を。
===============
服役中のショーンの母が亡くなり、父と一緒に湖に遺灰を撒いてほしいと遺言が残された。しかしショーンと父はひどく不仲であった…。父子の関係を通して人間の真の成長とは何かを問う清々しいロードムービー。
===============
TIFF公式HPより抜粋

幾つか印象に残った点をご紹介します。

普通のロードムービーの設定とは逆な感じがとても印象に残りました。

普段というのも変ですが、過去に見たことがある家族のロードムービーでよくある設定は「子の成長と親の理解」という作品を見た経験があります。

でも、…