投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

ジョジョ・ラビット

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

本日の紹介は、昨年の東京国際映画祭で満員の為、見逃してしまった作品がやっと本公開になったので早速観に行ってきました。

ジョジョ・ラビット


いつも通り簡単にあらすじを。
===============
時は第二次世界大戦下、ドイツ。ジョジョたち青少年を待っていたのは、戦いで片目を失ったクレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)や、教官のミス・ラーム(レベル・ウィルソン)らの指導によるハードな戦闘訓練だった。
命令通りウサギを殺せなかったジョジョは、教官から〈ジョジョ・ラビット〉という不名誉なあだ名をつけられる。森の奥へと逃げ出し泣いていたジョジョは、またしてもアドルフから「ウサギは勇敢でずる賢く強い」と激励される。元気を取り戻したジョジョは、張り切って手榴弾の投てき訓練に飛び込むのだが、失敗して大ケガを負ってしまう。
ジョジョのたった一人の家族で勇敢な母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)がユーゲントの事務局へ抗議に行き、体に無理のない奉仕活動を行うことになる。  その日、帰宅したジョジョは、亡くなった姉のインゲの部屋で隠し扉を発見する。中にはユダヤ人の少女エルサが匿われていた。「通報すれば? あんたもお母さんも協力者だと言うわ。全員死刑よ」と脅すのだった。
最大の敵が同じ屋根の下に! 予測不能の事態にパニックに陥るジョジョだったが、考え抜いた末にエルサに「ユダヤ人の秘密を全部話す」という“条件”をのめば住んでいいと持ち掛ける。その日から、エルサによるジョジョへの“ユダヤ人講義”が始まった。エルサは聡明で教養とユーモアに溢れ機転も利き、ジョジョは次第にエルサの話と彼女自身に惹かれていく。
そんな中、秘密警察のディエルツ大尉が部下を引き連れて、突然、ジョジョの家の“家宅捜索”に訪れる。その場は何とか成功するが、事態は思わぬ方向へ。大戦が最終局面を迎える中、新たに生まれたジョジョとエルサの“絆”の行方は?
===============
公式HPより。

非常に重い題材を、子供目線で描きユーモアでリズム良く描かれている作品なんですが、

終盤になるにつれて、シリアスで目を背けたい場面も。

その強弱のバランスが良く、とてもに良い作品でした。

いつものように気に入った部分を簡単にご紹介しま…

フォードvsフェラーリ

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

映画好きとして、その年の1本目を何するか結構気にします。

昨年は、『蜘蛛の巣を払う女』でした。

今年はハリウッド2大スターが共演した事で話題になり、且つ実話を基にしたこの映画にしました。

フォードvsフェラーリ


マット・デイモン、クリスチャン・ベイルというアカデミー賞でも常連の2人が初共演した映画です。

昨年の秋に初めてこの映画の情報を聞いた時に、見た記事の内容は映画を酷評したものでした。

なので、2020年の1作目として観るのをどうしようかなぁと思っていたのですが。

ワイフから聞く情報や後々に見る情報はどこも称賛の嵐。

そうなったら情報に左右されず、この目で確かめれば済む事です。

まずは、簡単にあらすじを。
===============
カーレース界でフェラーリが圧倒的な力を持っていた1966年、エンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)はフォード・モーター社からル・マンでの勝利を命じられる。敵を圧倒する新車開発に励む彼は、型破りなイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつける。時間も資金も限られた中、二人はフェラーリに勝利するため力を合わせて試練を乗り越えていく。
===============
シネマトゥデイより引用

当初勝手な先入観のせいと、長編映画だし寝たらどうしようなんて思っていましたが、

全くそんなことのないとても疾走感ある作品でした!

特に出だしのシーンにはやられました。

当初から開演が遅い時間を予約したので、すこしウトウトしていたのですが、

冒頭のレ―スシーンが今まで見たことがない程、迫力満載のレ―スアクションだったんです。

ここから一気に目が覚め、最後まであっという間に観終える事が出来ました。

観終えての感想と注目ポイントを簡単に記載しておきます。
※感想・注目ポイントにはネタバレは含みません。最後まで安心してご覧ください。

1・シェルビー&マイルズの男の友情は見逃せない。

物語の中心は、タイトルの通り「フォードvsフェラーリ」でモータースポーツの話なのですが、

でも、引き込まれるのは同じ志を持った凸凹コンビのヒューマンドラマの部分です。

今ではあり得ないようなアナログな研究・実験を重ね意見交換という名の衝突を重ねる度…

BACKWARDS

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

1月8日(水)に新年1発目の新商品を発表しました!

もうご覧いただけましたでしょうか。

改めてですが、本日は新作のご紹介をしようと思います。

早速ですが、商品のご紹介しますね。

『BACKWARDS』




オリジナルgoodishロゴをBACKWARDS(鏡文字)にした新作アイテムです。

フロントプリントにはタイニーなアーチgoodishロゴをこのために作成し配置しました。

バックプリントにはBACKWARDSで迫力のあるカラーとgoodishロゴをデザイン。

プリントデザインの表裏で柔と剛の2面性を表現したつもりです。

そんな表現にした事で、これまでのラインナップにはなかった、

新鮮な仕上がりのgoodishロゴアイテムとなりました。

カラーリングにもだいぶ時間を費やしました。

深めのビリジアンがこの商品のKeyカラーだったので、イメージ通りのカラーになるまで時間がかかりました。

合わせるネイビーも少しだけ青みを強くだせたので、非常に気に入っています。

ネイビーで影を付けBACKWARDSロゴがより引き立つようにしている部分がポイントです。

全体を通してで言うと、レトロなアウトドアテイストをイメージしました。

その為、今季トレンドアイテムでもあるボアやフリースと一緒に使っていただけたりしたら好相性な1枚です。

是非、秋冬のスポーティアウターとご利用下さい!

【商品詳細】
価格:¥6,600(税込み)
カラー:ホワイト・グレー
サイズ:M・L
商品URL:http://www.goodish-shop.com/products/logo/logodetails/glt013.html

Instagramでは、goodishのデザイナーであるワイフがサイズMを着用しています。



goodishのパーカーは少し大き目なサイズ設定にしていますが、

女性の方でも、十分サイズMで着用いただけます。

因みにワイフの身長は158㎝です。

デザイン自体は力強いものなので少し男性的なデザインですが、

パーカーが丸みのあるシルエットなので、女性の方が着てもかわいく見えると思います。

男女問わずおすすめしたいアイテムです!

まだご覧になっていない方は、上記の商品詳細のURLから、もしくは下記のgoodish …

謹賀新年 国立競技場に行きました。

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

皆さん、新年明けましておめでとうございます。

2020年もgoodishをよろしくお願いします!


新年1発目ですので、景気良い内容でBLOG更新をしようと思います。

2020年元旦に今年の目標の1つを早速クリアする事が出来ました。


その目標は、『新国立競技場で試合観戦する事』

家の近所に国立競技場があり、更地になった状態から少しづつ出来上がってくる競技場を見守り完成を楽しみにしていました。

そしたら、昨年末ワイフが抽選販売で天皇杯の決勝チケットを見事当ててくれました!

本日は、新国立競技場の様子と天皇杯の決勝少しだけ紹介しようと思います。

元旦の東京は、これ以上ないほどの快晴で素晴らしい天気でした。

最寄り千駄ヶ谷駅に到着し、ワイフも楽しみに競技場へ向かっています。

余談ですが、千駄ヶ谷駅の改修工事も間もなく終了し、今年3月頃には完成予定だそうです。



国立競技場へ到着しました。

工事中からこの大きな陸橋が気になっていたんです。

ついに渡れるようになったんですね!?ご覧のように東京体育館から国立競技場へ直結になったんですよ。

工事中は、ここまで近くで競技場を見る事が出来ませんでした、なので今日は外周も楽しませてもらいます。



素晴らしい迫力です。

この外周が常時解放され、ジョギングコースなどで使用出来たら最高だろうなぁと思いながら少し散歩させてもらいました。

それでは、お待たせしました。

ゲートを通り内部に潜入しようと思います。







天皇杯の決勝カードは、チーム初タイトルを目指すヴィッセル神戸 vs 今季常勝チームながら無冠の鹿島アントラーズです。


6年ぶりに聖地国立に戻ってきた元旦頂上決戦にテンションMAXです。

試合結果はご存じの通り、2-0でヴィッセル神戸が優勝し、チームとして初タイトルを獲得しました。


観戦中は、生イニエスタ選手に夫婦2人で興奮し、そして今季で現役を引退するビジャが試合終盤にピッチに登場してくれたので感動しました。

同い年のビジャ選手、現役お疲れ様でした!

そして、帰りの支度を整えていた時に何とも美しい光景が!


国立競技場に元旦に訪れ、夕暮れにきれいな富士山を眺める事が出来ました。

今年は、何やら縁起が良さそうです!?

東京オリンピックでまたここに訪れたいなぁ、チケ…