投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

平昌オリンピック

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

2月25日に無事閉幕した、ピョンチャンオリンピックについて更新しようと思います。














ご覧になった方も多いと思います。

ご存じの通り、冬のオリンピック最多のメダル数となって日本として記念すべき大会となりました。

開幕までは、注目度が薄いなど言われていましたが非常に素晴らしい大会となりましたね!

日本人の活躍する姿に興奮し、連日たのしく観戦しましたが

オリンピックのようなスポーツの祭典の楽しみのもう一つは、

普段触れる機会が少ないスポ―ツを観る事ではないでしょうか?

ピョンチャンで新しく、楽しみを知ったのは『アイスホッケー』・『クロスカントリースキー』です。

1つは、スマイルジャパンという名で国内人気もすごかったアイスホッケー。

アメリカの4大スポーツの1つでありながら、一度も試合を観る事が今までありませんでした。

氷上の格闘技と言われるだけあって、半端ないぶつかり合いでした。

思っている以上に、ロースコアゲームなんだとも今回で知ることが出来ました。

小さいパックとはいえ、両手で巧みに扱うスティックを使用するのでもっと点数が入るものだと思っていました。

その為、キーパーのすごさを同時に知る事が出来ました。

7㎝ちょっとのパックを全力でスティックで振り抜いたシュートは結構なスピードだと思うのですが

意外とサックリとってしまうんだと思いました。

そんな細かい事ですが、一つ楽しみを見つけると楽しくなってきてしまうものです。

日本チームの活躍もあって観る機会が増えたので、日本戦以外の数試合も観てしまいました。

もう一つ、クロスカントリースキーですね。

クロスカントリーと言えば、ノルディック複合でも有名だと思います。

競技自体はもちろん名前は知っていましたが、終始観たのは今回が初めてでした。

クラシカル・フリーという競技途中で走法が変わることは今回で初めて知りました。

クラシカルでは大きく人を抜いたりなどが出来ないので、試合運びやレース取りが非常に大事になり、

後半のフリーでは、一気に試合スピードが上がるのでそれまでのクラシカルでの作戦が重要なのかなと思いました。

じっくりとした、試合展開ですが非常に奥深い競技だと知ることが出来ました。

ちなみに、バイアスロンもすごく楽しかったです!

後は、冬のオリンピック…

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

2月のBLOG更新はこのままですと、映画ネタだけになってしまいそうです。

今回のご紹介は、

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』です。




















僕自身は、メゾンブランドの服を着こなせる程のスタイルを持ち合わせていないので興味はありますが、

どちらかといえば専門外な感じです。

ワイフは、僕たち夫婦が出会った学生の頃から(17~18年前)

彼のブランドのファンでありました。

そんな、ドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメンタリー映画が開催中という事で

新宿武蔵野館に観に行ってきました。

もちろん、ファッションに携わっているので彼への印象は持っています。

暗い色は使用せずに、パターンやカラーが独特で華やかである。

それでも、非日常的な服でなく日常に溶け込む何か落ち着きなようなものを感じるそんなブランド。

正直そんな程度のイメージしか持っていないのですが、

世界のトップに立つクリエイターの考え方を学びに行こうと思いました。

2シーズン分の彼のコレクション製作の模様が約90分間描かれた映画となっていました。

最も興味が湧いたのは、やはり生地の製作を行っている部分でしょうか。

僕の数少ないイメージでもあった、生地や模様への強いこだわりは間違いなかったようです。

彼のアントワープのオフィスには、彼のイマジネーションを豊かにする生地や模様が常に世界中から集められてきます。

もちろんそれだけではなく、自社の工場をインドに構えて1から独自の刺繍や生地の製作も行っていました。

集められた生地やオリジナル制作した生地が集結した際の光景は非常に見事なものでした。












色鮮やかな生地を生み出すセンスはどうやら自宅に秘密があるようです。

東京ドーム何個分なんだろう?と思わせる自宅の庭園は非常に優雅のものとなっていました。

是非、スクリーンでご覧になってみてください。すごい迫力なんです!

その四季折々の花に囲まれた生活の中で、時には気持ちをリセットし、時には花や植物から刺激を受けているようでした。

そんな彼の生活はとても感銘を受けました。

ものづくりや何か新しい発想をしようと思ったら、自分の好きなものや素敵なものの中で生まれるものなんだと改めて感じました。

正直、少し眠くなってしまいそうになる部分もありましたが

すごく充…

THREE BILLBOARDS

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

先日のBLOGでも紹介した通り、またまた映画のご紹介です。

スリー・ビルボード』です。
















簡単にお話を。

主人公のミルドレッドは、約半年前に娘を殺された。
その事件は難航し警察もお手上げ状態が続いていた。
その事に憤慨したミルドレッドは、町を少し離れた所に建てられている、錆びれた広告看板を1年契約で借りる。
そこには、解決出来ない警察に向けた挑発的なメッセージが書かれていた。
警察を追い詰めて捜査を進展させるはずが、ところがミルドレッドはもちろん、この広告騒ぎに関わったすべての人々の人生さえも変えてしまう衝撃の事件がどんどん起きてしまう。
ブラックユーモアがたくさん盛り込まれた、サスペンス映画である。


幾つもの映画祭で既に受賞を重ねて、先日のアカデミー賞ノミネート発表でも主要6部門にノミネートされています。

ストーリーの最大の魅力は、主人公のミルドレッドです。

犯人を警察官に捕まえてもらいたいと強く思っているが、

実は自分で捕まえて犯人を殺してやりたいと思っているほどの復讐心は異常な程でした。

毎日頭の中は、「復讐・復讐・復讐・・・」それしか考えてないんじゃないかという強烈キャラクターでした。

でもストーリーが進行していくと実はその復讐心は、自分への後悔が突き動かすものでした。

訂正します。頭の中は「後悔・後悔・後悔・・・ 」でした。

その強さと弱さを知った時に、更にこのミルドレッドに皆さんも引き込まれるはずです。

それ以外にも、警察官役のディクソンは職権乱用を行う不良警官で更にバカでマザコン。

バカなので、ミルドレッドに正面からでは太刀打ち出来ずあの手この手の姑息なやり方でミルドレッドを追い詰めます。

でも、根はすごく素直な奴で観れば観るほど彼のキャラクターの虜になっていく。

そんな彼の行動が、このストーリーのエンディングで大きな鍵を握っています。

ここ最近は、日本でも海外でも小説であったり実話であったりと何かベースになるものがあって映画になることが多いですが、

久しぶりにオリジナルストーリーで優れた映画に出会うことが出来ました。

僕は観終わった後に、この作品の続きがもっと観たいと強く思いました。

アカデミー賞の作品賞はこれで決まり!とワイフとも話して帰りました。(作品賞のノミネート作品はこれが1本目…