投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

永遠のソール・ライター展に行きました。

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

2017年に日本初の回顧展が行われ、大反響を巻き起こしました。

私もその当時の回顧展へ足を運び、ソール・ライターの美しい写真に感銘を受けました。

そして、3年の月日が経過し、また戻ってきてくれました。

永遠のソール・ライター


渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムにて、1/9~3/8(日)まで開催中しています。

年始にその情報を聞きつけ、先日やっと観に行くことが出来ました。


以前にもgoodish BLOGで紹介させてもらったのですが、

久しぶりにソール・ライターの写真に触れ素晴らしい写真だなぁと、改めて感じましたのでBLOGにしようと思います。

ソール・ライター(saul leiter)
===============
1923年、米ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれ。46年、画家を志してニューヨークへ。50〜70年代にかけて『ハーパーズ・バザー』『エル』『ヴォーグ(英国版)』などでファッションフォトグラファーとして活躍するも、81年に商業写真の世界から退く。2006年、シュタイデル社から初の写真集『Early Color』が出版され、一躍脚光を浴びる。カラー写真の先駆者として評価が高まるなか、13年に死去(享年89)。
===============

残念ながら、回顧展の展示品は写真がNGの為、ご紹介出来る作品は限られてしまいます。

改めて感じるのはその色彩美です。

ポスターで使用されている『薄紅色の傘』は、彼が”カラー写真パイオニア“と呼ばれる意味が解る作品です。

今回も素晴らしい作品が数多く展示されています。

3年前の『ソール・ライター展』と勝手に比較してみたのですが、今回は以前と比べてパーソナルな写真が多く展示されている印象でした。

家族の中で、唯一の理解者だった妹のデボラ。

とてもお気に入りのモデルだったようで今回の展示に数多く出展されていました。

見ていながら「多すぎでしょ。」とツッコミたくなる程、デボラの写真が存在していました。

それほどまでに、彼女の存在がソールの中で、大きいのだと感じる事が出来ました。

そしてもう1人は、「ELLE」「VOGUE」ファッションカメラマンとして働いていた当時知り合ったソームズ・バントリーです。

回顧展の後半は、ソームズとの作品が…

第92回アカデミー賞授賞式

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

エンターテイメント最高峰の祭典が今年もやってきました。


第92回アカデミー賞授賞式

今年も毎度のこと、wowowの生中継から視聴し思う存分に楽しませてもらいました。

そして、こちらも恒例のその模様をgoodish BLOGにてご紹介していきます。

昨年のオスカーに引き続き今年も司会進行役は不在でした。

各賞の発表毎にプレゼンターを変更するスタイルを継続しました。

改めて今年見て思いましたが、映画関係者・役者全員で式典を作り上げている感じがしたので、

司会者の個性で作り上げられ進行する式典も良かったですが、今のスタイルも気に入りました!

式の前半から、見どころ満載です。

アナと雪の女王2』でエルサ役を演じる世界各国のキャストが集合し主題歌「Into the Unknown」を熱唱しました。

本家イディナ・メンゼルの横で日本代表として松 たか子も歌声を披露しました。




各国全員で歌ったラストシーンの声量は迫力全開のステージでした。

アカデミー賞のような大舞台で、日本でもお馴染みの方がパフォーマンスをしている姿に興奮しました。

主要部門の紹介の前に、印象的なパフォーマンスと出来事を紹介します。

サプライズでエミネムの登場!

歌曲賞の紹介時に、これまでの映画に使用された印象的な音楽を映画の名場面と共に紹介する映像が流れました。

その時に、『8Mile』が使用されエミネムが歌う直前までの当時の映像が流れました。

そして、映像の中では歌う場面がスル―されました。

会場とお茶の間含め全員が、「聞かせへんのかーーい。」ってなったはずです。

その瞬間でした、中央の舞台からエミネムの登場!

会場全員総立ちでした。


少し太ったなエミネム。と感じる部分もありましたが、

世代ど真ん中の為、大変興奮してしまいました。

そして、もう1つ。

カズ・ヒロさんが2年ぶり2度目のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞しました。


ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』での、ゲイリー・オールドマンへのメイクも衝撃でしたが、

今回『スキャンダル』のシャーリーズ・セロンのメイクを見た瞬間は、

正直誰なのか?言われるまで気付きませんでした。

受賞後のカズ・ヒロさんの日本へのメッセージは、少し寂しい部分もありました…

goodish BASE店がOPENしました。

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

先週の木曜日(1月31日)にgoodishオンラインショップの2号店になる

goodish BASE店がOPENしました。

約80万店も利用する国内最大のネットショップツールです。

goodishを今まで以上にたくさんのお客様にご覧いただきたく今回、

新店としてOPENいたしました。

本店とは異なるサービスも充実しておりますので、

今日はOPENを記念しBLOGで紹介いたしますのでどうぞご覧ください。


・商品画像がよりわかりやすくなります。

BASE店では商品紹介画像がご覧いただきやすくなっています。

気になった商品の画像があれば是非クリックしてみて下さい!

例えばこんな感じ。


↓クリックすると。


デザインを詳しくご覧いただけたり、パッチがセットになっている商品等はパッチの細かいディテールまでバッチリご覧いただけます!

参考URL:https://goodish.thebase.in/items/25776837


・お買い物が簡単になります。

BASEが提供する決済機能「PAY ID」 に登録すれば、ワンタップであんしん・あんぜんにお買い物をお楽しみいただけます。

次回以降の購入はお届け先などの購入者情報を入力する手間が省けるので、スムーズにお買い物ができます。

買い物で結構ストレスなのが、最終の決済画面の時。

すごく気に入った商品を見つけたのに、決済画面が面倒だと折角のテンションがガタ落ちです。

BASEならではのサービスですので、是非利用下さい!


・決済手段が充実しています。

goodish 本店に比べBASEツールを利用する事で、今までお問い合わせの多かったAMEXとJCBのお支払いが可能となりました。

更に携帯電話でのキャリア決済が使用可能になりました。

決済の詳細は下記でご案内していますので、併せてご覧ください。

紹介URL:購入様向けHELP

BASE店は、冒頭でも記載しましたが今までに以上にgoodishを知っていただきたく事と、

購入しやすい環境であった欲しいと思いOPENしたショップです!

最後になりますが、BASE店にOPENにあたり特設ニュースページをご用意しております。

そちらも一度ご覧ください。

紹介URL:http://www.goodish-shop.com/…