投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

レアンドロ・エルリッヒ展に行きました。

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

11月から森美術館で開催を行っている『レアンドロ・エルリッヒ展・見ることのリアル』に行ってきました。




















レアンドロ・エルリッヒさんと今回の展覧会を簡単に。
レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。一見どこにでもある見慣れた風景ですが、よく見ると、水がないのに舟が浮かんでいたり、人々がさまざまなポーズで壁に張り付いていたりと、その異様な光景に観客は驚きと違和感を覚えることでしょう。本展は、エルリッヒの四半世紀にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展です。新作を含む44点の作品を紹介し、その8割が日本初公開となります。作品を通してわたしたちは、見るという行為の曖昧さを自覚し、惰性や習慣、既成概念や常識などを取り払い、曇りのない目で物事を「見る」ことで、新しい世界が立ち現われてくることを、身をもって体験することになるでしょう。
森美術館HPより抜粋

昔から、だまし絵とかトリックアートというものは好きな方なので楽しみに行ってきました。

まず一番先に展示されているのが、「反射する港」

一番目という事もありレアンドロ・エルリッヒという人の作品がこういった事かと思い知らされる作品となっています。













真っ暗の中に船が浮いている作品。ではなくコンピューターで管理されて動く船の作品

人は船が揺れていると、水の上に浮いているという固定観念をもってしまう。

それを逆手に取った作品でした、これから展覧会にどんな作品が待っているかワクワクしてきました。

次に現れた作品は、「雲」

人間のまたも習性をついた作品。

人間は秩序のないものに、秩序や形を与えたがるものなんだそうです。

へぇー。どういうことだろう。












皆さんはなにに見えますか?

僕は生まれ育ったこの国にしか見えません。

そういう作品でした。

次の作品が個人的にお気に入りです。

心霊写真のようにで自分たちが廃校の教室に映りこむ作品で『教室』といいます。












これはこの展覧会用に作られた新作で、今の日本を表現した作品だそうです。

少子化や地方…

まもなくプロ野球開幕、オープン戦を観に行きました。

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

先週の日曜日に今年初の野球観戦へ行ってきました。

もちろん場所は、我ら夫婦の聖地神宮球場です。












昨年の日本一チーム、福岡ソフトバンクをホームへ迎え入れたオープン戦です。

昨年のヤクルトスワローズは、ご存知の通り球団史上最も負けた一年でした。

そんな、最弱のチームが最強のチームとの試合なので楽しみに観戦へ行ってきました。

この日は、ヤクルトスワローズの出陣式というイベントが試合後に行われるということで神宮球場は超満員でした。

それもそのはず、今季のヤクルトは首脳陣の一新、ヤクルトの生きる伝説青木宣親選手の電撃復帰と話題が尽きません。

昨季も結構な回数で試合観戦に行きましたが、そんな中でも一、二位を争うファンの数でした。

見てくださいこの傘の花の数を。












試合は、昨年の王者らしい4番のデスパイネ選手の3打席連続の弾丸ホームランで、やはりの事すんなり勝たせてはくれません。

しかしながら、昨年のヤクルトとは違い一点をもぎ取る野球で何とか王者にくらいついています。

山田選手の2試合連続のバックスクリーンへのホームラン、昨年では中々見る事が出来なかった打線のつながり、

今年入団したドラフト一位の選手の力強いバッティング、新外国人ピッチャーの速球。

観戦していて、楽しみしか感じないとても素晴らしい試合でした。

試合の結果はなんと、ソフトバンク相手に6‐7と勝利することが出来ました!












日が落ちてまだまだ屋外の野球観戦には、寒い時期ではありましたがそれを感じさせないほど興奮した熱い試合でした。

試合後には、出陣式と題し今年にかける思いを、久しぶりにヤクルトユニフォームを着て采配を振るう小川監督と、新選手会長の中村選手から語ってもらいました。












昨季は本当に悔しい思いをしたので、優勝とは言いませんがシーズンを通してワクワクドキドキする試合が最後の試合まで見れたらと思います。

ヤクルトスワローズ頑張れーー。



















バレンティン頑張れーー。

最後になりますが、定期的に掲載をしています、最新の新国立競技場を写真を掲載しておきます。















今回は、完全にgoodishアイテムとは関係のないBLOGとなってしまいましたが夫婦で仲良くやっているブランドという事でお許し下さい。

では、goodish blogまたの機会に。
=========…

バイクシェアでCafe巡り @清澄白河

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

先日Instaglamの更新の為に、清澄白河へ撮影に行ってきました。

いい体験でしたので記事にします。

清澄白河と言えば、ここ数年でカフェの街と言われるほどになりました。

僕は数年前にワイフと東京都現代美術館へ行った以来の街です。

その当時は、もちろんカフェの街なんて言われてもいなく下町っといった感じでした。

ご存じの方も多いと思いますが、カフェの街となったきっかけと言っていいほどの出来事が、

ブルーボトルコーヒーの一号店が出来た事ではないでしょうか。

今回は、別のお店に行かせてもらったので次回の楽しみにしておきます。

今回の撮影で使用させてもらったのは、

オールプレス・エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ』・『iki ESPRESSO TOKYO』です。

同じニュージーランドが発祥のカフェです。

ここ最近、行ったカフェで飲んだフラットホワイトが美味しくて密かにハマりつつあります。

この模様は、goodishのインスタで紹介しますね。

オールプレス・エスプレッソは清澄らしいリノベカフェで、店舗の雰囲気も最高だったのでご紹介しておきます!
















記載したように、ここは使われていない木造の倉庫でったようです。
天井が高かくてすごく落ち着いた店内でしたよ。ご覧の通り店内の奥は焙煎工場となっています。
今日BLOGにしたかったのは、こういったあまり土地勘がない場所や短時間で街を楽しみたいときのおすすめです。
ドコモ・バイクシェア』って皆さんご存じですか?
これも、最近夫婦でのハマりものです。
利用された方はいますか?都心部ではかなり多く見かけるようになりました。
簡単に言えば、街中に複数の自転車貸し出し用の拠点が設けられていて、
使いたい人はそこから必要なタイミングで借りたり返却したりできます。
自転車を借りた場所と同じ拠点に返却する必要はなく、
どこでも最寄りの拠点に返却できるところが魅力です。
今回はこちらを使用し、清澄白河を堪能したっていう事が本題なんです。
前置きが長かったですね、失礼しました。


















清澄庭園の隣にある、清澄公園。

やぐらのような時計台が、下町って感じで非常に良い雰囲気でした。

非常に広そうな公園でしたので、のんびり出来そうです。



隅田川が流れているので、橋が多く存在しています。

第90回アカデミー賞授賞式

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

毎年の楽しみがいよいよやってきました。

本日はアカデミー賞について更新します。













皆さんも、結果などはもうすでにご覧になりましたか?

昨日、長年加入しているwowowが今年もアカデミー賞授賞式を生放送しました。

僕たち夫婦は毎年楽しみに見ています。

以前の僕は会社勤めだったので、生で見る機会は数回だったのですが

ワイフは出来る限りいつも生放送を楽しみに見ています。

この日の為に、2月のblogでもご紹介したとおりノミネート候補作品を観に行っていたのです。

主要部門の話の前に日本人としては、メイク・ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘さんを触れておくべきでしょうか。

ウィンストン・チャーチル』はまだ公開になっていませんが、

予告編等であの特殊メイクを見た時から、すごい技術だと感じていたので

受賞して本当によかったです。

まだご覧になっていない方は、是非リンクからご覧になってみてください。

特殊メイクの域を超えたものになってますから。あれは皮膚ですね。

辻さんが受賞して壇上でスピーチをしている間ずっとゲイリー・オールドマンの目を見ながら話している部分が印象的でした。

本当におめでとうございます!!

主要部門のお話しをすると、びっくりしたのは作品賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』でしょうか。

本編が3月1日から公開で、アカデミー賞受賞式が3月5日だったので週末になんとか間に合うように観に行ったんです。





















観ておいてよかったです。

今まで体験した事がない映画で、夫婦2人で観おわった後に新鮮な感覚になりました。

サスペンス・ファンタジー・ロマンス・SF・ミュージカルなど色々な要素が盛り込まれた映画なんです。

その観終わった直後の作品賞受賞だったので納得な部分もあるのですが、

正直に言うと、『スリー・ビルボード』かなぁと思っていたので。

予想ははずれです。

後、作品賞といえば昨年のアカデミー賞で起こってしまった歴史的な事件。

作品賞を間違えて発表してしまうという事件です。

さすがアメリカだなと思う部分は、それを逆手にとりアメリカンジョークで会場を沸かせ、

最終的には昨年と同じプレゼンター、ウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイを抜擢したところです。

お二人は全く悪くないのですが、挽回のチャンスを与…