投稿

Treadstone

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。 オーナーです。 今日はまず、ワイフの話題から。 ワイフが先週に念願のAIR MAXを購入しました! NIKEの“ Nike By You ”を使い、AIR MAX1を自身だけのカラーでオーダーしました。 AIR MAX1といえば定番モデルですからわざわざオーダーしなくても、、なんてお思いの方もいると思いますが、 NIKEの定番モデルだからこそ細部のカラーまで選定しこだわり、永く愛せるモデルにしたかったのです。 このNike By Youのサービスは本当に助かります。 完成品の到着までは、2週間程かかるようなのでワイフは首を長くし待っている所です。 機会があれば、goodish Instagramで登場するかも!?です。 一緒に色選びをしていたら、私も欲しくなってきてしまいました。 もしオーダーするなら、私は“ AIR MAX95 ”が欲しいなと思っています。 オーダーした時には、またこちらで紹介出来ればと思っています。 前置が長くなってしまいました。 では、今週のBLOG内容なんですが、引き続きおうち時間が続いています。 そんな中で、人気映画シリーズのスピンオフドラマを見ましたのでご紹介しようと思います。 “ トレッドストーン ” モチーフになっている人気映画シリーズというのが、マット・デイモン主演“ ボーン・アイデンティティー ”から始まった「ボーン」シリーズなんです。 1作目は2002年になります、映画館で見たのが少し前のように感じていましたが、約20年経過していました。 ドラマ、トレッドストーンの内容は、 ========== マット・デイモンが主演した、『ボーン・アイデンティティー』に始まるヒット映画シリーズ。そこで描かれたCIAによる“トレッドストーン計画”を描くドラマが本作。ジェイソン・ボーンと同様、世界各地で平和に暮らしている眠れる暗殺者たち。やがて彼らは何者かに命じられて暗殺者として覚醒していくが、彼らを操る黒幕の真の狙いとは……。 映画版“ジェイソン・ボーン”シリーズと同様、スピーディーなアクションが一番の見どころ。 1973年、冷戦時代の東ベルリン。KGBに捕まったCIAのジョンは、究極の暗殺者を生み出す実験の被験者とされてしまったが、窮地をくぐり抜けて研究施設からの逃亡に成功す

goodishより父の日ギフトのご紹介 2021

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。 オーナーです。 本日のBLOGは、今月の20日に迎える父の日に関してです。 例年goodishでも、この時期になるとおすすめの父の日ギフトを紹介しています。 今年のご紹介は、初心に帰りgoodishの代名詞である「Tシャツ」のおすすめをご紹介しようと思います。 なぜなら、今年の気候は5月の前半から夏日なる事も多く、この夏はTシャツが大活躍する気配があるからです! まだ父の日ギフトに迷っている方がいれば、是非最後までご覧になり参考にしてみてください。 今ご注文いただければ日程にも少し余裕もございますので、お届けにも安心なタイミングです。 では、早速ご紹介していきます。 ” t-shirt / KICKS ” 【商品詳細】 価格:¥ 3,850- カラー:WHITE・GREY・BLACK サイズ:S(ユニセックス)・M・L 1つ目の紹介は、オシャレが大好きなお父さんをイメージし紹介します。 オシャレの代名詞である「スニーカー」をモチーフにした商品です。 スニーカーの俗語である「KICKS」が胸元にインパクトを与えます。 プリント配色へのこだわりも強く、エアジョーダン1を彷彿とさせる配色にしています。 そして、この商品にセットになるパッチ(ワッペン)はチャックテイラー型のパッチなんです。 スニーカー好きなお父さん、ファッションが好きなお父さんには、大変喜ばれるアイテムと思っています。 Tシャツデザインは、ストリートシーンにピッタリハマる仕上がりになっていますので、お気に入りのスニーカーと合わせて使用ください! 次のご紹介は、 ” t-shirt / BIG HITTER ” 【商品詳細】 価格:¥ 3,850- カラー:WHITE・GREY サイズ:S(ユニセックス)・M・L Tシャツに描かれた「BIG HITTER」の意味は、強打者(ホームランバッター)という意味です。 屈強なイメージからか、私達もついついアメリカンな雰囲気の写真でアイテムを紹介しがちです。 ですので、このアイテムはアメカジ好きなお父さん、野球好きなお父さんへおすすめしたいアイテムとなっています。 写真のように、ビールとハンバーガーを食らうような、豪快なお父さんにピッタリなアイテムです! 男らしい元気みなぎるお父さんに着ていただけたらう

Fisherman's Friends

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。 オーナーです。 全国的に梅雨入り間近のようですね、梅雨入りが早いのであれば梅雨明けも早くあって欲しいです。 梅雨が明ければみんな大好きな“夏”が到来する訳ですから! 夏が来て、Tシャツ着て外に遊びに行きたいもんです。 今週のgoodish blogは、先週に引き続きゴールデンウィークSTAY HOMEに楽しんだ良質の映画をご紹介します。 “ フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて ”(原題:Fisherman's Friends)です! まず、キャッチコピーが「漁師バンドがイギリス中を圧巻する奇跡の実話!」 はい。私達夫婦の好きな映画認定です。 何度もお話ししているように、実話を基にした映画に目がないのです。 今回も楽しませてもらったので、blogで紹介します。 その前に簡単にあらすじを。 ========== イギリス南西部の小さな港町、ポート・アイザック。青い海と大西洋を見渡す丘陵地帯の絶景を求めて、多くの人々が訪れる風光明媚な観光地だ。しかし、音楽業界で鳴らしたダニー(ダニエル・メイズ)にとって、ポート・アイザックは人生を180度変える運命の土地だったのだ。  結婚間近の悪友ヘンリーの独身最後のお楽しみでポート・アイザックへやってきたダニーと仲間たち。港で舟歌を楽しげに歌う漁師たちを見かけて、上司のトロイはダニーをけしかけた。 「彼らと契約を交わせ」  歌う漁師たちこと“フィッシャーマンズ・フレンズ”はリーダーでひねくれ者のジム(ジェームズ・ピュアフォイ)、毒舌家のジェイゴ(デヴィッド・ヘイマン)、彼の親友リードヴィル(デイブ・ジョーンズ)、パブも経営する最年少のローワン(サム・スウェインズバリー)など、海の男たち10名からなるコーラスバンドだ。週1回、港で慈善コンサートを行うが、バンド活動はあくまでも趣味。古くから伝わる舟歌を歌い、ローワンのパブでビールを飲んで騒いで息抜きしているのだ。先祖代々、漁師の仕事をしてきた彼らはメジャーデビューなど考えたことすらなく、ダニーの話に色めく。よそ者嫌いのジムは嫌味たっぷりに一蹴したが、やり手マネージャーで業界に知れ渡るダニーにすれば純粋な彼らを口説き落とすなんて朝飯前のこと。ジムの娘、オーウェン(タベンス・ミドルトン)が経営す

Manhunt

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。 オーナーです。 2年連続でゴールデンウィークがコロナウィルスによって残念な時間になってしまいました。 ゴールデンウィークSTAY HOMEを謳歌する為、我が家ではドラマ鑑賞に没頭しました。 とても良い作品でしたので、ここで紹介しようと思います。 “ マンハント:謎の連続爆弾魔ユナボマー ” 実際にアメリカで起こった超有名事件ユナボマーを追うFBIプロファイラーの話です。 簡単にあらすじを。 ========== 優秀なFBIプロファイラーとしてアカデミーを卒業した”フィッツ”ことジム・フィッツジェラルドは、久しぶりに家族との再会を果たし、卒業パーティーを楽しんでいた。しかしその夜、フィッツの自宅をFBI捜査官が訪れ、全米各地で起きている連続爆弾事件、通称ユナボマー事件対策本部への参加を依頼する。ここ6年間は沈黙を続けていたユナボマーだったが、最近再び活動を始めたというのだ。今回新たに送られてきた爆弾は3つ。以前よりも精度が上がり、破壊力も増した爆弾になっているという。さらにこの時、FBI捜査官50人が読んでも解読できなかったというユナボマーからの手紙を、フィッツは一瞬で解読してみせた。一度は断るも、フィッツは迷った挙句に再び家族としばしの別れを告げて、サンフランシスコへと向かうのだった。 フィッツが特別対策本部で求められていることは、何年も停滞しているプロファイリングを完成させること。現状では、低学歴の航空機整備士という犯人像が上がっているが、実際のところは決定的な手がかりはほとんど無く、明らかに捜査は暗礁に乗り上げていた。そこでフィッツはこれまでのプロファイルを全て破棄し、犯人が残した手紙や爆弾物を詳細に解析することで一から犯人のプロファイルを作り直すことを提案。しかし、従来の方法に固執する上層部は、フィッツのアプローチに一切耳を貸そうとしない。あくまでも既存のプロファイルを完成することにこだわり、ただ黙って従うよう命じるのだった。そんな中、ユナボマーは自身の論文を新聞に掲載すれば今後の爆破行為を止めるという交換条件を提示してくるのだった……。 ========== ※公式HPより引用 冒頭でも紹介したように、アメリカに実在する連続爆破犯のテッド・カジンスキー、通称”ユナボマー”に迫った作品です。

第93回アカデミー賞授賞式

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。 オーナーです。 4月26日(月)朝9時より生中継された" 第93回アカデミー賞授賞式 "。 昨日見終え、その気持ちをBLOGに残そうと思います。 まずは、授賞式について。 コロナ禍で映画公開が困難な状況で向かえた、初のアカデミー賞授賞式となりました。 レッドカーペットも例年通りの華々しくとまでは行きませんが開催され、参加者は距離を取りながらレッドカーペットを歩いていました。 授賞式自体は、2会場からの進行で行われました。 見る限りメイン会場はロサンゼルスユニオンステーションで役者やプロデューサー、監督など、 サブ会場として、例年行われるドルビーシアターが設けられていて、技術者を中心に招かれているように見えました。 会場を分散させて、密にならないような配慮がされていました。 コロナ禍で開催された授賞式において、印象に残ったのは参加者がほとんどノーマスクな事でした。 ノーマスクの理由は2つありました。 1つは、全参加者が検査を実施し陰性であり、ワクチン接種済みである事。 2つ目は、アカデミー賞授賞式自体が「映画」であり、その舞台への参加(出演)時にはマスクは必要がないという考えの基。 ワクチン供給が進んでいる事への自信と、受賞式自体を映画としアメリカはショービズ大国であるという自負を感じました。 そして、今回の授賞式でもう1つ驚きだったのが、毎回授賞式の中で行われるパフォーマンスが一切行われなかった事です。 授賞式前の事前番組内で歌曲賞にノミネートされた曲は披露されましたが、本放送では全くありませんでした。 そこは少しだけ残念でパフォーマンスを行えない事が、やはりコロナ禍での開催なんだと実感させられました。 後、印象に残ったのは受賞後のスピーチが基本時間無制限な事でした。 これは、パフォーマンスを行わない事の影響もあるんだと思います。 パフォーマンスを行わない悲しさも記載したようにありますが、良い作用もあるようです。 毎年、タイムスケジュールが厳しく折角の受賞者のスピーチがほぼ無いまま終わる事も多々ありました。 ゆったりとした時間の中で、パーソナルな部分を深堀する授賞式も悪くないな。と、最終的に落ち着きました。 どの作品が受賞したなどの結果はニュースなどで大きく報じられているので、こ

シカゴ7裁判

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。 オーナーです。 日本時間4/26(月)はいよいよ“ 第93回アカデミー賞授賞式 ”ですね。 授賞式に先駆けて、ノミネート作品を1つ鑑賞したので今日はご紹介しようと思います。 “ シカゴ7裁判 ” 簡単なあらすじを、 ========== 平和的に行われるはずの抗議デモが、警察との激しい衝突に発展。その責任を問われ逮捕・起訴された7人は、米国史上最も理不尽な裁判に立たされる。 ========== ※公式HPより 尚、このBLOGにはネタバレはありませんので最後まで安心してご覧ください。 いつものように、私の気になったポイントをピックアップしてご紹介します! ①出演陣が豪華。 「ファンタスティック・ビースト」のエディ・レッドメイン、 「(500)日のサマー」のジョセフ・ゴードン=レヴィット、 「ボラット」サシャ・バロン・コーエン、 「ブリッジ・オブ・スパイ」マーク・ライランス、 「バードマン」マイケル・キートン、 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」ジョン・キャロル・リンチ、 「救命医ハンク」ベン・シェンクマンなど、 超有名俳優が多数出演する豪華共演が実現した作品で、オスカー受賞経験もたくさんある俳優が出演しています。 見ていく中で印象に残ったシーンは、前司法長官(マイケル・キートン)を証人として召喚した時のマーク・ライランスとの共演シーンはこの映画の最高潮だったと思います。 その後に向かえたクライマックスシーンもとても印象的でした。 ジョセフ・ゴードン=レヴィットは今回エリート検事役で出演し、少し控えめな役なんですが、静かな役でも印象に残る、演技の上手い方なんだなと改めて感じました。 この映画は、スポーツで言えば、正しくオールスターゲームのような映画です。 機会があれば必ず見て欲しい作品です。 次におすすめしたいポイントは、 ②今の時代にタイムリーな内容が盛り込まれている。 この作品は当時の反戦デモを描かれたもので、舞台も政権交代が行われたばかりの時代です。 今のアメリカでもつい最近大統領選が行われたばかりで、バイデン政権へ変わりました。 つい最近も当時と変わらない、悲惨な暴動が行われました。 トランプ支持者による連邦議会議事堂の襲撃。 そして、もう1つ。 シカゴ7裁判の被告の1人にボビー・シ

goodish4周年を記念し送料無料キャンペーンを行います。

イメージ
いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。 オーナーです。 先週のBLOGより引き続きになりますが、goodishは4月でブランドスタートから4周年を迎えます。 先週のBLOGでは、過去の記念アイテムのご紹介を行いました。 今週のBLOGでは、タイトルにも記載の通りの送料無料キャンペーンの概要と春満開の今におすすめの商品をご紹介しようと思います! 最後までご覧ください。 “goodish 送料無料キャンペーン” 開催期間:4月14日(水)19:00~4月30日(日)23:59まで 今までのファンの方、そしてこれからgoodishを知っていただく方、たくさんの方にご利用いただきたいキャンペーンです。 対象外商品や細かい設定などはありません! 1点からでも気軽にご利用いただけます。 お得な期間です、是非ご活用ください。 そして、春満開の時期におすすめの商品も同時にご紹介いたします。 ①_sweat / BUNCH 【商品詳細】 価格:¥ 7,150- カラー:WHITE・BLACK サイズ:XS(レディースサイズ)・M・L 商品紹介: https://goodish.thebase.in/items/39365015 今シーズン発表したばかりの新作商品です。 バナナのイラストデザインのカラーリングがとても目を引くアイテムです。 コロナ禍の今だから伝えたい、熱いメッセージも隠された商品となっています。 上記リンクの商品紹介ページにて商品の詳細を記載していますので、気になった方はご覧になってください。 現在の気候は、気温20℃前後を行ったり来たりと、春らしい日が連日続いています。 そんな際に活躍する、ライトオンスのスウェットはとてもおすすめアイテムです。 ②_long sleeve / CIRCLE LOGO 【商品詳細】 価格:¥ 3,850- カラー:WHITE・BLACK サイズ:M・L 商品紹介: https://goodish.thebase.in/items/27645675 そしてもう1つ、春に外せないアイテムと言えば“long sleeve”。 白Tシャツのネオンレッドが目に鮮やかな印象的なアイテムです。 今時期におすすめはやはり、白Tシャツでしょうか。 シンプル派の方は、モノトーンの黒もご覧ください。 4月中旬の今はインナー使用とし