投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

ボヘミアン・ラプソディ

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

先週は、スタン・リーさんへの哀悼の意を表し、「ヴェノム」でBLOG更新しました。

今週はそういったわけでは無いのですが、話題作を観に行ったので映画で更新しようと思います。

ボヘミアン・ラプソディ」です。




















相当流行っているようですね。

前売り券を購入しようと思った時に感じました。

出来る限り、映画のチケットは保存したいタイプなので、毎度ムビチケを購入するようにしています。

なんですが、普段通り購入しに行くと「完売」・「次回入荷未定」というショップばかり。

こんな経験、滅多にありません。

案の定、公開直後からすごい動員数と知りました。

伝説のバンドQUEENのフレディ・マーキュリーの伝記が気になっているんですね。

私達が気になったきっかけは、主人公であるフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックを今春頃に映画館で予告編を見た瞬間からです。

夫婦2人で「えっ~~!」と驚いた事を憶えています。

ラミ・マレックを知るきっかけになったのは、「MR. ROBOT」という海外ドラマを見ていたからです。

MR. ROBOTでの役柄は、簡単に言うとかなりの腕前を持ったエンジニアでありながら実はハッカー。そして薬物依存症である。

そんな、主人公なんです。

その為、体の線も細くて目はクマがあるようないかにも体調不良な役柄なんです。

そんな、一面しか知らない僕らがTVではなくスクリーンで見たラミ・マレックの姿は口ひげにぴったぴたの衣装で独特のマイクスタンドを突き上げている姿。

そりゃ大声もでます。

そして何より、フレディ・マーキュリーが憑依しているかのような役作りの完成度の高さに胸が躍った瞬間、観に行こうと決めました。

感想に関しては、文章で長く説明する事は不要です。

簡潔に一言。

観に行って心が熱くなる映画です。

例えば、フレディ・マーキュリー以外のQUEENメンバーも同じように役作りがバッチリであったりする部分。

QUEENの代表的な楽曲が生まれる瞬間が描かれている部分。

ラストを飾る、Live Aidでのパフォーマンスシーン。

観た皆さんあるあるだと思いますが、上映中に何度も口ずさんでいる自分がいるはずです。

特に、記載したラストシーンは最後まで歌いっぱなし(心の中で)になる事間違いなしです。

ラミ・マレッ…

ヴェノム

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

11月もそろそろ後半ですね。

街では、先週末くらいからイルミネーションを見る機会が増えてきました。

久しぶりに六本木ヒルズに行ってきました。

六本木けやき坂も非常にきれいなイルミネーションでした。
















なぜ六本木ヒルズに行ったかというと、久しぶりに映画を観に行ってきたからです。

このBLOGでは、初めて触れるかもしれませんが私達夫婦は結構マーベル作品が好きです。

いわゆる、マーベルシネマティックユニバースシリーズ(MCU)は初期から観てきました。

もう10年くらい前になりますかね、当時はそんな壮大な計画があるなんてそんなに気にせずに「インクレディブル・ハルク」を観に行った事を思い出します。

アメコミ映画に、エドワード・ノートンが主演なんてことあるんだなぁ。なんて思っていました。

今の作品を考えるとそんな事は当たり前になっていて、マーベルの作品には大物の役者さんがバシバシ出演する事が常識になっています。

個人的には、「アイアンマン2」がすごく好きです。

パート1に比べかなりアイアンマンのパワードスーツが進化している部分と、今ほどの進化し過ぎていないバランスが好きなんです。

現在の主要キャストのブラック・ウィドーやウォーマシンもここから登場しています。

ミッキ・ロークが演じたヴィランもカッコよかったですね。

今日は、先日に亡くなったマーベルの生みの親であるスタン・リーさんへの哀悼も込めてBLOGを更新します。

では、その作品は。

ヴェノム




















マーベルのヴィランの中でもかなりの人気者で、スパイダーマンのライバルとしてもとても有名ですね。

そんな悪役が主役の作品を製作するくらいですから、そこからでもヴェノムというキャラクターの人気が伺えます。

演じるのは、すでにヴィラン役経験済みのこの方、トム・ハーディ。

ダークナイト・ライジング」でのベイン役もかなり怖かったですね。

そしてヒロインには、ミシェル・ウィリアムズ。

マリリン 7日間の恋」「マンチェスター・バイ・ザ・シー」「グレイテスト・ショーマン」等に出演しアカデミー賞にもノミネートされている女優さんですね。

またしても、とっても豪華な役者さん達です。

ストーリーを簡単に。

「誰もが望む、歴史的偉業」を発見したというライフ財団が、ひそかに人体実験を…

新作発表行いました。Vol.2

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

11月3日(土)に新作アイテムの発売を行い、その特集BLOGの第2弾です。

因みに、『新作発表行いました。Vol.1』をご覧になっていない方はこちらから。

Vol.2となる今回は、hoodie(パーカー)とスウェットの2アイテムを紹介します!

特に、hoodieは今シーズンからアイテムラインナップに加わったモノなので非常におすすめのアイテムとなっています。

それでは、そのhoodieから紹介していきます。

■hoodie / BIG G























以前から、いつか自身達のブランドgoodishの頭文字を使用したアイテムをリリースしたい、そんな気持ちがショップオープン当初からありました。

そして今回やっと実現すること事が出来ました。

goodish・good・grow・gift・globe・glory・galaxy・genius etc...

「g」という文字が持つ、力強さやポジティブなイメージが伝わればと思っています。

ご覧いただいている通り、前身頃にはgoodishのオリジナルロゴを胸元に少しコンパクトサイズで配置しシンプルな印象を与えるようにしています。

そして、後身頃にはアイテム名に負けないように背面一杯に力強く「g」を配置しました。

以前のBLOGで少し掲載したのですが、この「g」の縮尺にはかなり熟考を重ね2人で検討しました。

男性が着用した際にしっかりとその大きな背中に負けないサイズと、女性が着用した際でも大きくなり過ぎずに着ていただけるサイズにしようと考えました。

そんな想いがしっかりと実現できた、とても気に入っているデザインとなっています。

カラー展開は3色(ホワイト・グレー・ネイビー)をご用意しています。

ホワイトは、プリントカラ―をブラックとしていてモノトーンの配色が少しストリートなイメージを与えてくれます。

グレーはネイビープリントにし、少しカジュアルなイメージとなり日常に溶け込みやすいカラーリングにしました。

ネイビーは、ホワイトですっきりとさせ爽快感があるので、サーフテイストがお好きな方などにおすすめしたいカラーリングになっています。

先日、goodishインスタでこんな投稿をしました。














サイズ展開は、メンズのM・Lです。

USAサイズのhoodieにしているのですが、女性でも…

新作発表行いました。Vol.1

イメージ
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます。

goodishです。

11月3日(土)に新作アイテム発表を行いました。

もう既にご覧になりましたか?

今回発表を行ったのは、ロングスリーブtee・パーカー・スウェットの計3アイテムです。






















中でもhoodie(パーカー)は、今まで展開してなかったアイテムになるので注目です。

今回のBLOGでは、そんな新作アイテムを2回に分けて特集していきます。

本日の1回目では、まずロングスリーブteeの新作『SQUARE LOGO』をご紹介します。

long sleeve tee / SQUARE LOGO




















デザインは、新作を発表する度にご好評をいただいているgoodishのロゴを使用しました。

そして今季トレンドである、ネオンカラーが目に鮮やかなアイテムとなっています。

ネオングリーンを採用するまでには、たくさんのカラーリングを試作品で作成し検討を行いました。

最終的には、このアイテムのボディカラーがホワイト・ブラックの2色展開となるので、

その両方と相性が良く、プリントも非常に映えるのでネオングリ―ンに決定しました!

ネオンカラーというと、イメージとしてインパクトが強すぎてしてしまったりしますが、

グリーンはネオンカラーが持つインパクトも残しつつ、落ち着いたカラーでもあるのでそのバランスが気に入っています。

非常にきれいなカラーですよね!?

デザインの特徴としては、前面には約20cm四方の正方形にデザインした大きく力強いgoodishのロゴを配置しています。

更に両袖には、goodishの頭文字の g をふんだんに取り入れこのアイテムを更に印象的にしてくれます。














ストリート要素もありつつ、スクエアロゴをデザインに使用する事で、アイテム全体が引き締まった印象にする事が出来ました。

ストリートスタイルになり過ぎないミニマルな一枚に仕上がっています。

ネオンカラーを使用したアイテムは、インパクトがあって少しストリートな印象を受けるアイテムが多く存在するので、

そうなり過ぎないようにバランスには非常に気を遣いました。

このロングスリーブteeの新作アイテムから、サイズも増やし M・L 2サイズ展開としました。

以前のアイテムはLサイズのみの展開だったので、サイズにお応えできなかったお客様もいましたので喜んでいただけたら幸いです。

最…