シカゴ7裁判

いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

日本時間4/26(月)はいよいよ“第93回アカデミー賞授賞式”ですね。

授賞式に先駆けて、ノミネート作品を1つ鑑賞したので今日はご紹介しようと思います。



簡単なあらすじを、
==========
平和的に行われるはずの抗議デモが、警察との激しい衝突に発展。その責任を問われ逮捕・起訴された7人は、米国史上最も理不尽な裁判に立たされる。
==========
※公式HPより

尚、このBLOGにはネタバレはありませんので最後まで安心してご覧ください。

いつものように、私の気になったポイントをピックアップしてご紹介します!

①出演陣が豪華。

「ファンタスティック・ビースト」のエディ・レッドメイン、
「(500)日のサマー」のジョセフ・ゴードン=レヴィット、
「ボラット」サシャ・バロン・コーエン、
「ブリッジ・オブ・スパイ」マーク・ライランス、
「バードマン」マイケル・キートン、
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」ジョン・キャロル・リンチ、
「救命医ハンク」ベン・シェンクマンなど、

超有名俳優が多数出演する豪華共演が実現した作品で、オスカー受賞経験もたくさんある俳優が出演しています。

見ていく中で印象に残ったシーンは、前司法長官(マイケル・キートン)を証人として召喚した時のマーク・ライランスとの共演シーンはこの映画の最高潮だったと思います。

その後に向かえたクライマックスシーンもとても印象的でした。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットは今回エリート検事役で出演し、少し控えめな役なんですが、静かな役でも印象に残る、演技の上手い方なんだなと改めて感じました。

この映画は、スポーツで言えば、正しくオールスターゲームのような映画です。

機会があれば必ず見て欲しい作品です。

次におすすめしたいポイントは、

②今の時代にタイムリーな内容が盛り込まれている。

この作品は当時の反戦デモを描かれたもので、舞台も政権交代が行われたばかりの時代です。

今のアメリカでもつい最近大統領選が行われたばかりで、バイデン政権へ変わりました。

つい最近も当時と変わらない、悲惨な暴動が行われました。

トランプ支持者による連邦議会議事堂の襲撃。

そして、もう1つ。

シカゴ7裁判の被告の1人にボビー・シールというブラックパンサー党の幹部がいます。

作品の中でもかなりの黒人差別が描かれています。

そしてこれも、現代で置き換えたら、黒人差別に抗議する運動「Black Lives Matter」が世界中でより一層活発となっています。

今では考えられない。なんて気持ちではいられない内容ばかりで、50年以上前の事とは思えませんでした。

当時の背景は正直そこまで詳しくないですが、今の内容に置き換えてみると、とても身近な事に思えてきました。

歴史は繰り返す。なんて名言が悲しい意味で思い浮かんでしまいます。

この2つが私のおすすめのポイントです。

誰もが1度は見た事のあるオールスターキャストによる実話を基にした歴史的映画です。

この時代の事に興味がある人は、とても導入しやすい映画になっています。

goodishの過去のBLOGにて同時期に起きた映画“DETROIT”をご紹介した記事もあります。

併せてご覧になって見てください。

最後にgoodishよりお知らせです!

goodishは、2021年4月14日で4周年を迎える事が出来ました。

本当にありがとうございます!

現在、それを記念し“goodish送料無料キャンペーン”を開催中です。


開催期間は、4/14(水)19:00 ~ 4/30(金)23:59

暖かくなった時期にピッタリな商品たくさんご用意しています。

是非、お得な期間をご利用ください。

では、goodish BLOGまたの機会に!
=====================
【shop information】
▽HP
https://www.goodish-shop.com/
▽Online shop
https://goodish.thebase.in/
▽Twitter
https://twitter.com/goodishshop
▽Instagram
https://www.instagram.com/goodishshop/
▽Blog
https://goodishshop.blogspot.com/
=====================

コメント

このブログの人気の投稿

誕生65周年記念 ミッフィー展に行ってきました。

Park Hyatt Tokyo チリ&クールに行きました。

Project Runway