Fisherman's Friends

いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

全国的に梅雨入り間近のようですね、梅雨入りが早いのであれば梅雨明けも早くあって欲しいです。

梅雨が明ければみんな大好きな“夏”が到来する訳ですから!

夏が来て、Tシャツ着て外に遊びに行きたいもんです。

今週のgoodish blogは、先週に引き続きゴールデンウィークSTAY HOMEに楽しんだ良質の映画をご紹介します。


まず、キャッチコピーが「漁師バンドがイギリス中を圧巻する奇跡の実話!」

はい。私達夫婦の好きな映画認定です。

何度もお話ししているように、実話を基にした映画に目がないのです。

今回も楽しませてもらったので、blogで紹介します。

その前に簡単にあらすじを。
==========
イギリス南西部の小さな港町、ポート・アイザック。青い海と大西洋を見渡す丘陵地帯の絶景を求めて、多くの人々が訪れる風光明媚な観光地だ。しかし、音楽業界で鳴らしたダニー(ダニエル・メイズ)にとって、ポート・アイザックは人生を180度変える運命の土地だったのだ。
 結婚間近の悪友ヘンリーの独身最後のお楽しみでポート・アイザックへやってきたダニーと仲間たち。港で舟歌を楽しげに歌う漁師たちを見かけて、上司のトロイはダニーをけしかけた。
「彼らと契約を交わせ」
 歌う漁師たちこと“フィッシャーマンズ・フレンズ”はリーダーでひねくれ者のジム(ジェームズ・ピュアフォイ)、毒舌家のジェイゴ(デヴィッド・ヘイマン)、彼の親友リードヴィル(デイブ・ジョーンズ)、パブも経営する最年少のローワン(サム・スウェインズバリー)など、海の男たち10名からなるコーラスバンドだ。週1回、港で慈善コンサートを行うが、バンド活動はあくまでも趣味。古くから伝わる舟歌を歌い、ローワンのパブでビールを飲んで騒いで息抜きしているのだ。先祖代々、漁師の仕事をしてきた彼らはメジャーデビューなど考えたことすらなく、ダニーの話に色めく。よそ者嫌いのジムは嫌味たっぷりに一蹴したが、やり手マネージャーで業界に知れ渡るダニーにすれば純粋な彼らを口説き落とすなんて朝飯前のこと。ジムの娘、オーウェン(タベンス・ミドルトン)が経営するB&Bに泊まり、彼らの漁船に乗り込んで懐に飛び込む作戦に出る。

 捨て身の熱意が認められて契約をモノにしたダニーは、古い教会でレコーディングを開始する。ダニーとオーウェンが見守る中、仲間と一体となり、伸び伸びと舟歌を歌い上げる男たち。ダニーは純粋に音楽を楽しむ姿と固い絆に心を奪われ、今までに味わったことのない充実感を味わう。オーウェンもそんなダニーに、恋の予感を感じていた。
 ダニーは「契約なんて冗談」とせせら笑うトロイと決別し、フィッシャーマンズ・フレンズを引き連れてロンドンへ向かう。ライバル会社に売り込んだところ、漁師バンドの意外性が若いスタッフの目に留まり、テレビ番組への出演が決定する。それも、全国民が注目する女王の誕生日を祝う特別番組だ。フィッシャーマンズ・フレンズの成功でトロイの鼻を明かしたいダニーは、生中継で彼らが得意げに歌い出したメロディを聴きがく然。それは国歌『God Save the Queen (女王陛下万歳)』ではなく、あろうことかコーンウォール賛歌だったのだ。せっかくのチャンスを台無しにしたと頭を抱えるダニーは知らなかった、彼らのパワフルな歌声と茶目っ気が全英中に笑いを届けたことを……。
==========
※公式HPより抜粋

いつもながら、勝手な見どころを紹介します。

1:やはりなんと言っても漁師が歌う舟唄

海上で憂さ晴らしや気合を入れるために、みんなで歌う歌。

歌もシンプルなもので耳にして心地よい歌ばかり。

そして歌い手はこの無骨な漁師達、魂が込められた歌詞に、強くて優しい彼らの低音がハマるハマる。

私のお気に入りは、売り込みの為にやってきたロンドンで、漁師達の遊び心が爆発するパブのシーンは最高に盛り上がりました!

見た人は絶対に一緒に口ずさんでしまうはずです。

2:漁師の正装、マリンスタイルに目を奪われます。

ポスターの写真だけで、グッときますよね!?

バシッと決めた全員のPコート姿。

超個人的な意見ですが、ファストファッションの台頭でアイテムの根源等が希薄になってしまっている現代。

このように本物の男たちが着る、Pコート・フィッシャーマンニット・フィッシャーマンキャップ。

これこそリアル映えるです。

ここ数年、ちょっとPコートが欲しかった(気になっている)ところだったので、この男達のスタイルが刺さりました。

映画の最後、エンドロールで本物の彼らの写真が流れるのですが、その写真にまた目が釘付けになります。

撮影時には、本物の漁師バンドがかなり協力をしたいたようです。

唄の指導はもちろん、漁師としての動きなども細かく指導していたとの事。

最終的に、俳優である彼らにもしっかりと漁師魂が乗り移っていました。

アットホームで、イギリスらしいブラックユーモアもある、見終えた後に気分爽快間違いなしの映画でした!!

予告編よかったらご覧ください。

 

最後にgoodishよりお知らせです。

先月4月にgoodishは4周年を迎える事が出来ました。

毎年ご用意している、goodish周年記念Tシャツを絶賛制作中です!

現在はまだお見せできませんが、本blogにて随時商品情報をアップデートしていきますので、楽しみにお待ちください!!

昨年の周年Tシャツは下記リンクよりご覧ください。


では、goodish BLOGまたの機会に!
=====================
【shop information】
▽HP
https://www.goodish-shop.com/
▽Online shop
https://goodish.thebase.in/
▽Twitter
https://twitter.com/goodishshop
▽Instagram
https://www.instagram.com/goodishshop/
▽Blog
https://goodishshop.blogspot.com/
=====================

コメント

このブログの人気の投稿

誕生65周年記念 ミッフィー展に行ってきました。

Park Hyatt Tokyo チリ&クールに行きました。

Project Runway