ドリームプラン

いつもgoodish BLOGをご覧いただきありがとうございます。

オーナーです。

先週のblog『Don't Look Up』に引き続き、今月末に開催される『第94回アカデミー賞授賞式』ノミネート作品を勝手にご紹介します!



==========
世界チャンピオンの姉妹を育てたテニス未経験の破天荒な父親の《驚きの実話》
リチャードは姉妹が生まれる前にTVで優勝したテニスプレーヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿を見て、「娘を最高のテニスプレイヤーにしよう!」と決意。テニスの教育法を独学で研究し、「世界チャンピオンにする78ページの計画書」を作成。誰もが驚く常識破りの“ドリームプラン”を実行し続けた。お金もコネもない劣悪な環境下で、途方もない苦難、周りからの批判を受けながらも、そのプランでいかにして2人の娘が世界の頂点へ上りつめるのか―― ⁉ どんなに無謀だと言われても揺るがぬ信念を持ち、娘たちの可能性に人生のすべてを捧げるリチャード。不可能を可能にしていくその姿に心を揺さぶられる、一生忘れられない感動作。
==========
※公式HPより引用   


いよいよ、今月末(3/28)にアカデミー賞授賞式ですね。

今回で念願の主演男優賞受賞なるか!?

今作でウィルスミスが主演男優賞にノミネートされたドリームプランを観に行ってきました。

毎度のことながら、ネタバレ要素はございませんので最後まで安心してご覧いただけます。

ネタバレなしと言っても今回は伝記作品なので、結末はヴィーナス&セリーナ姉妹の今の活躍をご存知なら言うまでもありません。

では映画に関してですが、この映画の主人公である父親リチャードの狂気とも言える育成方法や教育論にはイライラさせられました。

でも、これはリチャードの確固たる“ドリームプラン”のゴール(目的)が設定されているからの行動でした。

何がゴール(目的)なのかは映画のクライマックスシーンでしっかりと描かれているので、楽しみにしていてください。

リチャードのゴール(目的)が解った時は、イライラしっぱなしだった私の気持ちは晴れやかになりました。

今で言う所の伏線回収ってやつです。

劇中でこれだけの気持ちにさせられたウィル・スミス演技には脱帽です。

この時点で、私の勝手なオスカー最有力候補に踊り出ました。

そして、ここからが私の勝手な映画のおすすめポイントです!


① 妻オラシーンの存在なくしてこの映画は成立しない。

妻のオラシーンを演じたのは、アーンジャニュー・エリス。

我が家では、アーンジャニュー・エリス=“ハイタワーさん”と呼んでいます。

メンタリスト』をご存知ならご理解いただけると思います。

暴走しがちなリチャードを静め、子供たちの支えとなった彼女の存在が今作の救いです。

映画のワンシーンで、「あなた1人で出来たことだと思ってるの?」と言い、リチャードをビンタするシーンがあります。

リチャードの“ドリームプラン”を完成させる為には、決して1人だけでは出来ず、家族が結束して臨まないと乗り越える事が出来ない事を気づかせてくれるものでした。

グッときました。

この映画のハイライトだと思っています。

ウィルに続き私の中で、アーンジャニュー・エリスも助演女優賞の最有力に躍り出ました。

そして、もう1つのおすすめは。


② 各コーチ陣が我が家の馴染みの顔でほっこりします。

1人目のコーチ、ポール・コーエンを演じた、トニー・ゴールドウィン。

我が家では、トニー・ゴールドウィン=“フィッツジェラルド・グラント大統領”です。

スキャンダル』をご存知なら言うまでもありません。

何が印象的と言えば、トニー・ゴールドウィンがものすごくテニスやっていそう顔であった事。

映画を観ながらフィッツと分かった時には、映画館でありながら夫婦で顔を見合わせてしまいました。

ポール・コーエンは、早い段階で姉妹の才能に気づきヴィーナスを指導しました。

最終的にポール・コーエンとは決別してしまうのですが、このコーチングなくして姉妹の成功はありません。

そしてポール・コーエン出演時に見ものなのが、ポールが指導するピート・サンプラスが少しだけ登場します。

本人激似の俳優さんでした!お見逃しなく。

そしてもう1人、リック・メイシーを演じたジョン・バーンサルもとてもいい演技で忘れられません。

普段の彼の印象と言えば、ムキムキマッチョな肉体で少し強面。

やはり、『ウォーキング・デッド』『パニッシャー』のイメージが私は強いからでしょうか。

でも今回の役柄は、愛をもって姉妹をしごく名コーチっぷりが最高です。

独裁的なリチャードに振り回されて何度も困り顔になります。

イライラさせられる部分をコミカルに描いているのでとても面白かったです。

以上が私の勝手なおすすめポイントです!

あえて記載しませんでしたが、姉妹を演じたサナイヤ・シドニー、デミ・シングルトンの演技もとても素晴らしいものでした。

テニスのシーンは本当に素晴らしかったです!

上映時間は144分と少し長めの作品ですが、とても良い作品でした。

良いといえば、原題の「King Richard」の映画ポスターがすごく気に入っています。家に飾りたいくらいとても素敵なポスターだと思います。

気になった方は、是非どうぞ。

最後になりますが、goodishより商品の紹介です!

映画をこよなく愛するgoodishのデザイナーのワイフが、自身の好きな映画からインスパイアされて誕生したアイテムの紹介です!




商品詳細
価格:¥3,850-
サイズ:S M L
カラー:ホワイト グレー

「人生はビギナーズ」という映画に出てくる一節からイメージしてデザインしたTシャツです。

大真面目なのにどこか滑稽でシュール。そんな映画の印象的なシーンを表現しています。

お気に入りのTシャツでお出かけし、映画鑑賞なんてとても気分が良いと思いますよ。

気になった方は商品名リンクより詳細をご覧下さい!!

では、goodish BLOGまたの機会に!
=====================
【shop information】
▽HP
https://www.goodish-shop.com/
▽Online shop
https://goodish.thebase.in/
▽Twitter
https://twitter.com/goodishshop
▽Instagram
https://www.instagram.com/goodishshop/
▽Blog
https://goodishshop.blogspot.com/
=====================

コメント

このブログの人気の投稿

British Bake Off

THE BAY

HOLIDAY SALE & 年末年始スケジュールに関して